mamma mia project

News
ニュース

mamma mia project
〒520-3305
滋賀県甲賀市甲南町野川835
Tel,Fax 0748−86−1552
info@mammamia-project.jp
pâtisserie MiA
Open / 11:00−17:00
Cafe / 12:00− (L.O. 16:30)
Closed / 月・火
gallery-mamma mia
Open / 11:00−17:00
Closed / 月・火

News

ドーナッツ屋さんのショーケース

20110821
先日、京都で新しくオープンするドーナッツ屋さんのショーケースを納品してきました。
「お店の場所が昭和な商店街なので、あんまりおしゃれにせんといてください」という、簡単そうで実は奥の深い”ややこしい?”ご依頼。ウーン・・・、とひとしきり悩んだ末の僕らの答えは”質実剛健”。外見はあまり凝らずに、構造やディテールを丁寧に。店主が一生使える、丈夫な作りにしました。材料は栗。経年変化で濃く渋く変わってきて、周りの”昭和”な雰囲気にも馴染んでくれることでしょう。
奥に見える黒いシャツの方が店主です。おやつにいただいたドーナッツ、ふわふわで美味しいです。駄菓子感覚で食べてもらえたらと、一個100円だそうですよ。
もうオープンしているそうですが、はじめはコジンマリとはじめるそうで、ヒントだけ。場所は河原町通りと*今出川通りの交差点から少し入った”昭和”な商店街。このショーケースが目印です。よかったら探してみてください。近々、僕も食べに行こうと思っていて、その時にドーナッツが並べられたショーケースを見るのが楽しみです。お店のことは、その時にまたレポートします。

*もう一つヒント。その昭和な商店街の名前は「桝形商店街」です。

2011.山ノ上マーケット

昨日は、お店も開けつつ…去年も参加させていただいた「山ノ上マーケット」に木工とパティスリーで出店しました。
2011山の上
パティスリーミアは、焼き菓子とプラムソーダとミントティーを。おかげさまで完売しました。ありがとうございます。
2011山の上1
木工は、バターナイフのワークショップをしました。ワークショップは盛況で、常に満員でした。マツダさんの教えっぷりもさすがです。
2011山の上22011山の上3
隣は、木津川のvert de gris(ヴェール・デ・グリ)さんでした。かわいいお花が暑さを癒してくれました。
2011山の上4
暑い暑い一日でしたが、雨も降らず、無事終えることができました。実行委員の方をはじめ、童仙房の皆さんや給水をしてくださった皆さん、ありがとうございました。

ラジオゾンデ

2011 7周年ライブ
先週末のラジオゾンデの二人。
昨年、青木隼人さん、津田貴司さんとここ甲賀の里山で数日を過ごした。鳥や蛙やセミや虫の声、水の流れる音、風が木々の間を抜ける音。音についての彼らの感性は驚きだった。特に彼らと地面に寝転びながら眺めた星空は、一生忘れない。見るだけでなく、聴こえてくる虫の声、生暖かい風、背中に伝わるヒンヤリとした感覚。自分が里山の自然の中に融けてしまったよう。以来、僕はそれまで聴こえてはいても”感じる”ことのなかった音や感覚が体に沁みるように入ってくるようになった。
今年のライブも素晴らしかった。日曜の朝に行った津田さんのワークショップ「みみをすます」では、里山を歩き、聴こえてくる音に耳をすませて、多くの人が昨年僕が星空の下で感じたような体験をしていたようだった。一度自転車に乗れたらずっと乗れるように、その感覚は一生もので、大げさではなく人生の宝物を一つ手に入れたのだと思う。
最近僕は日課のジョギングをするときも、音楽を聴かなくなった。周りの音を感じていたほうが、何倍も楽しく心地よい。青い鳥ではないけれど、幸せは本当に身近なところにあったんだ。
2011 7周年みみをすます2011 7周年みみをすます1

ベンチ作りのワークショップ(7周年)

2011 7周年ベンチWS
先週日曜日の「7周年イベント」ではラジオゾンデのライブに加えて、バターナイフ作りとベンチ作りワークショップをさせてもらいました。特にベンチは震災の被災地でもやりたいと思っているので、その予行演習も兼ねて初めての挑戦。木取りやホゾ加工などある程度までは工房で行って、材料のサンドペーパー仕上げや組み立て・接着などを皆さんに手伝っていただきました。
ただし、僕の段取りが悪く、9割までしか出来ず・・・。参加してくださった皆さん、すいません。完成はこんな感じです!
おかげ様で段取りの組み方や当日の作業の進め方、参加する人が楽しそうにする作業、難しい作業など、大変参考になりました。本番ではこの日の経験を生かしてもっと良いワークショップができるようにしたいと思います。しばらくはお店の外に置いておくつもりなので、ぜひ座りにいらしてください。
2011 7周年ベンチWS1

ラジオゾンデ

2011 7周年ライブ
先週末のラジオゾンデの二人。
昨年、青木隼人さん、津田貴司さんとここ甲賀の里山で数日を過ごした。鳥や蛙やセミや虫の声、水の流れる音、風が木々の間を抜ける音。音についての彼らの感性は驚きだった。特に彼らと地面に寝転びながら眺めた星空は、一生忘れない。見るだけでなく、聴こえてくる虫の声、生暖かい風、背中に伝わるヒンヤリとした感覚。自分が里山の自然の中に融けてしまったよう。以来、僕はそれまで聴こえてはいても”感じる”ことのなかった音や感覚が体に沁みるように入ってくるようになった。
今年のライブも素晴らしかった。日曜の朝に行った津田さんのワークショップ「みみをすます」では、里山を歩き、聴こえてくる音に耳をすませて、多くの人が昨年僕が星空の下で感じたような体験をしていたようだった。一度自転車に乗れたらずっと乗れるように、その感覚は一生もので、大げさではなく人生の宝物を一つ手に入れたのだと思う。
最近僕は日課のジョギングをするときも、音楽を聴かなくなった。周りの音を感じていたほうが、何倍も楽しく心地よい。青い鳥ではないけれど、幸せは本当に身近なところにあったんだ。
2011 7周年みみをすます2011 7周年みみをすます1

「7周年」を迎えました。

2011 7周年
「7周年」

お店を初めて、早いもので7年が経ちました。
これも支えてくださった皆さんのおかげです。
そんな当たり前のことを毎年7月の終わりになると、思い出したようにそう思っていたのですが、3年目くらいから「本当にそうだな」と思うようになり、その思いは年々強くなり、7年目の今年。
幸せなことに、心からそう感じられるようになりました。
僕らにできることは、木を削ることとお菓子を召し上がっていただくこと。そして、好きな物や音楽を紹介すること。
相変わらず、それしか出来ない僕たちですが、だからこそ、それを大事に丁寧に続けて行くことで、皆さんに少しだけでも”幸せ”をお届けできるお店でありたいと思います。
ここまで僕たちを支えてくださった皆さん。
本当にありがとうございました。
川端健夫

大西二士男 写真展『つくる』をつくる&COUSHA家具展『つくる』

2011つくる

大西二士男 写真展 『つくる』をつくる
2011.7/27(水)-8/31(水) (火曜定休)
*同時開催 COUSHA家具展  gallery-mamma mia

大西二士男写真展 ”『つくる』をつくる”に寄せて
ある雑誌の取材で、大西さんと初めてマンマミーアに伺ってから、もう三年近くが過ぎようとしています。迷いながら通った山道も、もうナビなしで到着できるようになりました。
日々懸命にものづくりを続けるマンマミーアの川端夫妻の姿に触発され、もう一度会いたくなって、「仕事じゃなく、二人に会いに行こう」と始めた取材が、私たちの本『つくる』の原点です。
小高い丘の上に足を運ぶ度に、恥ずかしがり屋の大西さんと、輪を掛けて恥ずかしがり屋の川端夫妻の距離がゆっくりと近くなり、互いに語り合い、何かを通い合わせられるようになっていく。人と人とが関わりを持とうとすることから生まれる大切なものが、そこには育まれていたと思います。
ふだん着の家族、食べかけのお菓子、木屑だらけの作業服、色づく木々。大西さんのつくったもう一つの『つくる』を、丘の上の校舎でゆっくりとお楽しみください。
『つくる』をつくる会 世話人 平岡京子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すきなものがあって、それに思いを募らせ、すきなものをつくる。
そんな場所に、すてきな人がくらしている事。
そんな人たちと、ゆっくり向かい合って撮る事で、僕自身も、思いを募らせて、すきな写真をつくる事を、楽しみました。
すきなものをつくるマンマミーアの川端夫妻と出会えた事をうれしく思っています。
大西二士男

■関連イベント■
ラジオゾンデ・ライブ
7月30日(土) 18:00 open / 19:00 start
charge: 3,000yen *要予約 (patisserie MiAによる軽食付)

2011つくる1
COUSHA家具展 『つくる』
2011.7/27(水)-8/31(水) (火曜定休)
*同時開催 大西二士男写真展  gallery-mamma mia

『つくる』の本をつくるために平岡さんと大西さんが通ってくれた2年間、僕は月一回のカウンセリングを受けていたようなものだ。取材というよりは、逆に僕がその時々での関心事や悩みを聴いてもらっていた。そうして、つくることについて少々混乱気味だった僕の頭の中はだんだんと整理されていったのだった。
この2年で僕のつくるものは、より「暮らしの道具」に近づいたと思うし、自分のつくったものがより好きになった。そのことに、この『つくる』の取材が大きく関わってくれたのは間違いない。
今展はこの本に携わってくださった皆さんへの感謝であり、この2年間考え続けた「暮らしの道具としての家具」についての僕なりの答えでもある。
COUSHA代表 川端健夫

「COUSHA」という家具レーベルを立ち上げました。コミュニケーション(CO)を生み(U)出す場所(校舎・SHA)になろうという意味です。モノを作ることが最終目的ではなく、人が集う場所をつくり、コミュニケーションを生み出したいと思っています。
今展ではテーブル、椅子、スツール、ソファベンチ、デスクなど新作のシリーズを出展いたします。

大西二士男写真展&COUSHA家具展

2011つくる2
更新が遅くなってしまいましたが、7/27よりマンマミーアの本「つくる」の写真を撮ってくださった大西二士男さんの写真展『つくるをつくる』と私タケオがスタッフと共に新たに立ち上げた家具レーベルCOUSHAの展示会『つくる』が始まりました。
写真展は大西さんが「つくる」の本をつくるために撮ったマンマミーアの写真数万点(!)からこの展示会のために一からすべて見直して選んでくれました。ですので、本に載っていない写真がほとんどです。本をお買い上げくださった方にも観に来て頂けたら嬉しいです。
そして家具は「暮らしの中で必要とされるシンプル」をテーマに(くわしくはこちらのエントリーにあります)新作が並びます。ギャラリーに私がいない時は隣の工房で仕事をしていますので、家具や木工の相談がありましたら、お店のスタッフまでお声かけてください。
2011つくる32011つくる42011つくる5

マンマミーアの本「つくる」ができました。

2011つくる1
マンマミーアの本ができました。

この本は、すべてボランティアの編集スタッフによって制作され、収益は、全額を東日本大震災で被災された方々への募金と、マンマミーアが主催する、被災地の子どもたちのためのワークショップ開催の資金とさせていただきます。

「つく る」 定価1,000円

前川幸市展 「里山の少年」

2011里山の少年展
前川幸市展 「里山の少年」
2011.7/6(水)-7/25(日) (火曜定休)   gallery-mamma mia

信楽で生まれ育った前川幸市さん。今展ではここ甲賀の里山に住む生きもの達をつくっていただきました。
彼の作る生きものは実は形をリアルに再現している訳ではありません。でもなぜか懐かしさと共に僕の心に何かが届けられます。それは僕自身の小さい頃の記憶に残る生きもの達と重なるからかもしれません。
前川少年はこの里山で何を感じて野山を駆け回っていたのか。それを巡ることでこの里山に私が惹かれる理由も分かるような気がしています。
gallery-mammamia 店主