mamma mia project

News
ニュース

mamma mia project
〒520-3305
滋賀県甲賀市甲南町野川835
Tel,Fax 0748−86−1552
info@mammamia-project.jp
pâtisserie MiA
Open / 11:00−17:00
Cafe / 12:00− (L.O. 16:30)
Closed / 月・火
gallery-mamma mia
Open / 11:00−17:00
Closed / 月・火

News > gallery-mamma mia

映画「花のこえ」上映会のお知らせ

花のこえ
映画「花のこえ」の上映会のお知らせです。
2015.11月22日(日)/11月29日(日) 17:00開場 17:30上映(約40分)
定員各20名 参加費500円(小学生以下は無料)

全学年6人しかいない小さな学校が閉校になるまでの魅力あふれる日々を綴ったドキュメンタリー。
雰囲気のある夜のマンマミーアで心がじわっと温かくなる瞬間を感じていただけると嬉しいです。

高田竹弥さん

こんにちは。
今日は在廊日ではないのですが、高田竹弥さんが来てくださっています。灯しびとの集いへ行っているタケオさんに代わり、お花を活けてくださっています。
20151114FB
勉強になることばかり…
美味しいケーキとコーヒーをご用意して、皆さまのご来店をお待ちしています。

高田竹弥展「ただそこに」

ただそこに

高田竹弥展 「ただそこに」
2015.11.11(水)-11.29(日) (月・火曜定休) gallery-mamma mia
★高田竹弥さん在廊日 21日(土)・22日(日)・28日(土)・29日(日)
静けさに包まれた朝、里山の空は高く青く澄み、アトリエの周りにも季節を知らせる野花が咲いています。
この小さな花を持ち帰り、作品と共に活けるときは花のかたちをつくるのではなく自然のまま、花をとめるようにします。
この「花をとめる」こころの所作が自身の作品と向き合う姿勢とつながるのです。
高田竹弥

■関連イベント■
◎田槙リエ Live
11月21日(土) 17:00開場 17:30開演
定員30名  参加費1500円(おやつ付き)

◎高田竹弥ワークショップ「アートフレームと花活け」
アートフレーム

11月22日(日) 14:00~16:30
定員8名 参加費3,500円(映画「花のこえ」観賞付き)
花を活けられるフレームを作ります。アクリル絵の具やヤスリを使って、風合いのある仕上げを施し、その後、野花を摘み一緒に活けましょう。
お気に入りのartcardなどを飾れば、雰囲気がでます。

◎映画「花のこえ」上映会 監督:太田綾花
花のこえ
11月22日(日)/11月29日(日) 17:00開場 17:30上映(約40分)
定員各20名 参加費500円(小学生以下は無料)
全学年6人しかいない小さな学校が閉校になるまでの魅力あふれる日々を綴ったドキュメンタリーです。

ご予約は店頭・お電話(0748-86-1552)・メール(info@mammamia-project.jp)にてお願いします。

三重県伊賀市で絵画や立体作品を制作している高田竹弥さんの2回目の個展。心穏やかになる高田竹弥さんの作品はもちろん楽しみですが、魅力的なイベンも盛りだくさんの今展。ぜひ、ご家族おそろいでお出かけください。お待ちしています。

吉野綾展「織もよう」

DM

吉野綾展 「織もよう」
2015.10.21(水)-11.8(日) (月・火曜定休) gallery-mamma mia
★吉野さん在廊日 21日(水)

まっすぐ張られた経糸に、まっすぐ緯糸を通す。
平織りも、斜めに見える綾織りも、ダマスク織りも、それは同じ。
ただ、どうやって緯糸を通すのかが違う。
経糸と緯糸がただ重なり連なっている、そのシンプルで複雑な「織り」の奥行きに、時に呆然としつつも、向き合う時間がやはり楽しい。
そして経糸と緯糸が織り合わさり、一枚の布になる頃には、それまでの向き合った時間や私の思考も水に晒して、ただ穏やかな布であってくれたらと思っています。
毛織物を、冬支度の楽しみのひとつにして頂けたら幸いです。
吉野綾

2008年10月「羊のてざわり」展以来、7年ぶりに吉野綾さんの展示会を開催させていただきます。2013年まで海外で生活をされており、吉野さんにとっても帰国後初の個展となります。肌寒くなってきたこれからの季節にぴったりな毛織物をぜひ肌で感じてください。

ご来店お待ちしています。

吉野綾さん

こんにちは。
神奈川県で毛織物を制作されている吉野綾さんの個展「織もよう」が本日より始まっています。
20151021ブログ
ダマスク織りはもちろん素敵なのですが、染色もされている吉野さんの自然の色の美しさもぜひご覧ください。ユーカリの葉をたくさん使用した鮮やかなオレンジ色。ウメノキゴケの紫もまた華やかな美しさがあります。
20151021
アメリカにいる頃に新しく迎えられた200年前の紡ぎ車やダマスク織りの試作の数々や詳細なパネルなども展示しています。
作品は全て1点もの!どうぞお早めにご来店ください。お待ちしています。

清岡幸道さん

おはようございます。
昨日より、地元信楽で作陶されている清岡幸道さんの個展「宵闇のかわり火」がはじまっています。十数名のお客様がオープン前より並んでくださったりと初日よりたくさんのお客様が来てくださりました。本当にありがとうございます。

20150917
DMのタイトルを書いてくださった国分佳代さんから素敵なパネルをいただきました。清岡さんの作品と合わせて、どうぞお楽しみください。

20150917ブログ
今展のテーマに合わせて作ってくださった、青灰の5寸皿。同じ土・同じ釉薬を使っていても、ひとつひとつ違った雰囲気になっています。中央手間の綺麗なグリーンは今回初めて出せた色で、清岡さんも一押し!とのことです。写真では伝えきれない美しさをぜひ店頭でご確認ください。

清岡さんは今週末の20日(日)も在廊してくださります。一見寡黙そうにも見えますが、お話上手でかっこいい清岡さんにぜひ会いにいらしてください。
お待ちしています。

清岡幸道展「宵闇のかわり火」

kiyooka ura
清岡幸道展 「宵闇のかわり火」
2015.9.16(水)-10.4(日) (月・火曜定休) gallery-mamma mia
★清岡さん在廊日 16日(水)・20日(日)

「職人」と「作家」の境界については未だに時々思い悩まされる。
焼きや色の違いを安定させること。逆に安定させない方へ、更に不安定な方へ向かわせたらどうなるのか。
後者により惹かれたことが今の道に進むきっかけの一つになった。
職人としての技術、機能に即した完璧な形や色を実現するのは容易ではない。ただ思うのはストイックになりすぎず、自分が興味を持って仕事ができるところで止めておきたい。
清岡幸道

■関連イベント■
毎月3日間限定開催のスイーツランチ。
9月は清岡幸道さんの耐熱皿を使ったデザートメニューを考案中です。
定員 各日15名 《完全ご予約制》 料金 2000円+税
日時 9/24(木)・25(金)・25) 12:00~ 一斉スタート
★毎月第3週に開催させていただいていますが、9月と10月はイベント出展の為に第4週の開催となります。どうぞご了承ください。

ご予約は店頭・お電話(0748-86-1552)・メール(info@mammamia-project.jp)にてお願いします。

「宵闇のかわり火」のタイトル通り、ひとつひとつ表情の違う作品をぜひ店頭で手に取ってご覧ください。
ご来店お待ちしています。

改装工事

改装
地元のカーペンターカタオカさんに内装工事をしていただき、ハタノワタルさんの和紙仕上げでやわらかな空間に改装されたカフェスペース。
ゆっくりと落ち着く一時をぜひマンマミーアでお過ごしください。ご来店お待ちしています。

お盆期間中の営業日のお知らせ

こんにちは。
本日よりお盆休みという方も多くいるのではないでしょうか。マンマミーアはお盆期間中も通常通り営業させていただきます。(8/10・8/11は定休日の為、お休みさせていただきます。)

現在、ギャラリーでは木工品とqualiaさんのガラスを中心とした常設展示となっています。
20150808
NHKBSプレミアム「イッピン」放送以降、たくさんのお客様がご来店くださり、在庫が少なくなっております。三越日本橋店さんではじまる展示会(8/12~8/17)に出展させていただくこともあり、来週1週間はさらに品揃えが少なくなると思われます。
オーダーもたくさんいただいており、新規制作の場合の納期も3ヶ月以上(~半年程度)必要となってきております。
ひとつひとつ丁寧に心をこめてお作りしていますので、どうかご了承ください。

パティスリーミアでは、本日~秋を感じる『かぼちゃのモンブランシュー』が登場しました。
20150808ブログ
地元野川の栗かぼちゃをじっくり土鍋で焼き上げた濃厚なクリームはとっても甘くて美味しいですよ。ぜひ一度お試しください。

ご来店お待ちしています。

qualia-glassworks 林亜希子さん

20150718
影までもが美しい大きなドーム型のライト。

本日はqualia-glassworksの林亜希子さんが在廊くださっています。
びっくりするぐらい軽いグラスも、手に取るとやわらかいものを感じます。
全ての作品に真直ぐ真摯にものづくりをされている林さんの人柄が詰めこまれているのでしょう。

朝から作品をピカピカに磨いてくださり、さらに透明感を増した作品と素敵な林さんにぜひ会いにいらしてください。お待ちしています。